カカザンのフィロソフィー

CACAZAN Philosophy

ABOUT | フィロソフィー | 素材のこだわり | エポックメイク | ファクトリー | 道具たち | 製作工程 | STAFF

CACAZANのフィロソフィー

出石がグローブ作りでいつも心がけているのは、「作りやすいグローブ」ということ。

それは、手抜きがしやすいとか、簡単に作れるという意味ではありません。

長年、各社の下請けやOEMを手がけてきた中で、デザインや型、素材によって縫いやすい手袋とそうでない手袋がありました。その経験から得た結論は、「縫いやすいグローブは良いグローブ」だという事です。

これはコテコテでデザインに凝りすぎているなと思っても、作業をはじめてみると案外縫いやすく、気持ちよく仕事が出来るグローブがあります。そうしたものは、仕上がってみると、デザインが過剰な割に、フォルムが無理なく自然にまとまっているのです。

逆に、シンプルなデザインでも、縫い始めると、かなり気を使ったり、縫製の技量が要求されることがあります。そうしたグローブももちろん要望通りに仕上げますが、出来上がりを見ると、不自然に感じられる部分があります。

出来上がったグローブに手を入れて動かしてみると、ストレスなくミシンを進めて縫い上げたグローブは、使用感もナチュラルでストレスを感じさせません。一方、縫製に気を使ったグローブのほうは、動きにどこかぎこちなさがあり、微妙なストレスを感じさせます。

職人が「作りやすいグローブ」 は、使い手も「使いやすいグローブ」なのです。

CACAZANのグローブは、細部にまで気を遣い、常にユーザの皆さまに最高の使い心地を味わっていただこうと、丹精込めて縫い上げています。出石は、自らが作り出すグローブがユーザーの皆さまに届き、手を入れた瞬間に笑みを浮かべられる様子を想像しながら、毎日、楽しくミシンを走らせています。

© Copyright  CACA-ZAN. All rights reserved.